お客さま本位の業務運営に関する取組方針

 岐阜県信用農業協同組合連合会(以下、「当会」とする。)は、協同組合組織として会員JAとの密接な連携のもと、効率的な組織機能を発揮することにより、金融事業を通して農業の振興および農家経済の安定・向上を図るとともに、地域社会の発展に貢献することを経営理念として掲げています。
  当会では、この理念のもと、2017年3月に金融庁より公表された「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択するとともに、利用者の皆さまの安定的な資産形成に貢献するため、以下の取組方針を制定いたしました。
 今後、本方針に基づく取組みの状況を定期的に公表するとともに、よりお客さま本位の業務運営を実現するため本方針を必要に応じて見直してまいります。

  1. お客さまへの最適な商品提供
    1. (1)お客さまに提供する金融商品は、特定の投資運用会社に偏ることなく、社会情勢や手数料の水準等も踏まえたうえで、お客さまの多様なニーズにお応えできるものを選定します。なお当会は、金融商品の組成に携わっておりません。【原則2本文および(注)、原則3(注)、原則6本文および(注2、3)】
    2. (2)お客さま本位の商品選定を実現するため、ファンド選定会議を開催し、農林中央金庫が示す系統投信窓販に係る全国選定商品の取扱いについて、ファンドの特色・リスク内容等を検討しています。【原則2本文および(注)、原則6本文および(注2)】
    3. (3)JAバンクでは、いろいろな「投資に関する好み」に合った商品を揃えつつ、商品数を絞ることで、お客さまにとっての選びやすさを重視し、長期投資に適していること、運用実績が良好であること、運用成績の再現性が認められていること、手数料が割安・良心的な水準であること、過度に分配金を捻出する商品ではないことを選定基準とした「JAバンクセレクトファンド」をご用意しています。【原則2本文および(注)、原則6本文および(注2、5)】
  2. お客さま本位のご提案と情報提供
    1. (1)「資産運用ガイダンス」や「JAバンク資産運用スタイル診断シート」を活用し、お客さまの金融知識・経験・財産、ニーズや目的に合わせて、お客様にふさわしい商品をご提案いたします。【原則2本文および(注)、原則5本文および(注1~5)、原則6本文および(注1、2、4、5)】
    2. (2)お客さまの投資判断に資するよう、商品の特徴やリスク特性・手数料等の重要な事項について、「JAバンクセレクトファンドマップ」やパンフレットを用いて分かりやすくご説明し、必要な情報を十分にご提供いたします。【原則4、原則5本文および(注1~5)、原則6本文および(注1、2、4、5)】
    3. (3)お客さまにご負担いただく手数料について、お客さまの投資判断に資するように、購入時手数料早見表を活用し、丁寧かつ分かりやすい説明に努めます。【原則4、原則5本文および(注1~5)、原則6本文および(注1、2、4、5)】
  3. 利益相反の適切な管理
     「利益相反管理方針」に基づき、利益相反の恐れのある取引を類型化したうえで特定し、統括部署にて管理を実施するとともに、その有効性を定期的に適切に検証するなど、お客さまへの商品選定や情報提供にあたり、お客さまの利益を不当に害することがないよう、適切な管理を行います。【原則3本文および(注)】
  4. お客さま本位の業務運営を実現するための人材の育成と態勢の構築
    1. (1)お客さま本位の業務運営を一段と高められるよう、職員への研修による指導や資格取得の推進を通じて高度な専門性を有し誠実・公正な業務を行うことができる人材を育成します。【原則2本文および(注)、原則6(注5)、原則7本文および(注)】
    2. (2)ライフプランに対する資産形成・資産運用ニーズに応じたご提案を行い、組合員・利用者の豊かなくらしの実現を目指すJAの取組を強化するため、資産形成サポートチームを設置し、JAを支援する態勢を構築しています。【原則2本文および(注)、原則6(注5)、原則7本文および(注)】

(※)上記の原則および注番号は、金融庁が公表している「顧客本位の業務運営に関する原則」(2021年1月改訂)との対応を示しています。