ごあいさつ


経営管理委員会会長
櫻 井 宏

代表理事理事長
渡 邉 茂 典

 平素より、当会の業務に関し、多大なるご理解・ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 当会は協同組合精神のもと、岐阜県JAバンクの中核的機関として、JAをはじめとする会員の事業の振興ならびに地域社会の発展に貢献することを使命に、事業を展開いたしております。
 さて、昨今のJAバンクをとりまく経済環境につきましては、新型コロナウイルス感染症やウクライナ情勢等を受けた資源価格の上昇による不透明感が残るなか、国内金利には上昇圧力がかかっているものの、日銀の金融緩和政策の継続により低位で推移し、外需の増加や政府の経済対策に支えられ回復の兆しが見られます。
 また、系統信用事業を取り巻く環境においては、組合員の高齢化、特に正組合員の減少、准組合員の増加による組織基盤の変化、超低金利による収益力低下に加え、金融規制の一層の強化が図られるなかで、農業所得増大および農業者の満足度向上に向けた取組が強く求められています。
 このような情勢下、JAバンク基本方針に定める総合的戦略に基づき策定した岐阜県JAバンク中期戦略ならびに中期経営計画(2022年度~2024年度)の初年度として、JA・信連・農林中金の一体性をより強化し、将来にわたり安定的な事業量確保のための顧客基盤の維持やJA総合事業の成長発展に寄与するための収益力の強化への取組に加え、組合員等の満足度をさらに向上させ、農業者・地域において一層必要とされる存在を目指してまいります。
 今後とも当会は農業を基盤とする金融機関・地域金融機関としての社会的役割と責任を充分認識し、JAバンクの一層の充実と業容の拡充に努力する所存でございますので、更なるご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

令和4年7月

経営管理委員会会長 櫻井 宏
代表理事理事長 渡邉 茂典