業務案内

貯金業務

 米代金をはじめ、農畜産物代金や年金・給与振込などにより地域の皆さまがJAへお預けいただいた貯金は、JA段階において、組合員ならびに地方公共団体等への融資などに活用され、その後の余裕資金を当会がお預かりしています。
 また、各種関係団体をはじめ、一般の方々や企業等の法人からも直接ご利用いただいています。

融資業務

 県下JAでは、農業に携わる方々への資金をはじめ、地域の皆さまの生活に必要な資金、事業の発展に必要な設備資金・運転資金の融資のほか、市町村等公共団体への融資対応をしており、当会は、こうしたJA段階での融資活動を補完するとともに、地域農業・産業の振興に寄与するため積極的に融資業務を行っています。
 また、(株)日本政策金融公庫等の受託金融機関として、農業経営を維持するための各種資金および「政策公庫の教育ローン」等を主にJAを窓口として取扱っています。

為替・決済業務

 県下JAはもちろん、全国のJAおよび銀行、信用金庫、信用組合等と地域の皆さまのお仕事や暮しの中で生じる送金や振込、手形・小切手の代金取立などの為替取引を行っています。
 また、給与振込や国民年金をはじめとする各種年金の受取、国・県・市町村税等の収納、電気料・電話料・NHK受信料など公共料金の口座振替、各種クレジットカードの代金決済など、皆さまの暮しに密着した決済業務を幅広く取扱い、JAをご利用いただく皆さま方の利便性の向上に努めています。

国債ならびに投資信託窓販業務

 国債(新窓販国債、個人向け国債)ならびに投資信託の窓口販売を取扱っています。

資金証券業務

 JA等からお預かりした貯金から、農業および地域の発展のための貸付金等を控除した資金(余裕金)について、適切なリスク管理のもと、上部組織である農林中央金庫への預け金や債券・株式等有価証券により効率的な運用を行っています。

JA企画相談業務

 JAが農業メインバンク・生活メインバンクとして確固たる地位を確保するためのJAバンク中期戦略の策定や、金融商品の企画・開発を行うとともに、JAにおける組合員等利用者へのサービス向上を図るための各種研修を行っています。
 また、オンラインシステム(JASTEM)の安定運用に注力するとともに、事務処理の堅確性向上を図るための事務手続研修ならびにオペレーション研修を行っています。

JAバンク支援業務

 JAバンク中期戦略のもと、「岐阜県JA担い手サポートセンター」等と連携し、GAPの普及促進に向けた「食の安全支援事業」等県域独自の助成事業を展開するとともに、担い手農業者等の販路拡大支援として、「東海四県JAグループ 食と農の大商談会2017」を開催するなど、農業メインバンク機能強化に取組むことに加え、生活メインバンク機能強化として、利用者メイン化の徹底・定着化を通じた取引の質的向上ならびに県産農畜産物の消費拡大に資する金融商品の提供などに取組んでいます。
 また、JAバンクの農業・地域に貢献する取組を、JAバンク自己改革の成果として積極的に情報発信することで、組合員ならびに地域から評価・賛同を得ることを目指すとともに、農業メインバンクブランドの確立、イメージアップに取組んでいます。
 併せて、「JAバンク岐阜県本部」の活動方針のもと、JAの資産内容の健全性の向上等を図るためモニタリング等を実施するとともに、リスク管理態勢の強化等に取組んでいます。

サービス・その他

 全国のJAでの貯金の出し入れや、全国の提携金融機関、コンビニにおいても払戻し等のできるキャッシュサービス、キャッシュカードで買物等の代金を支払うことができるデビットカードサービス、パソコン・スマートフォン・携帯電話を利用して残高照会、振替・振込等をインターネットで行うJAネットバンクなど、お客さまの利便性向上につながる取組に努めています。